年代別女性のかかりやすい病気

更年期障害

 更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。

 閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少し、それにともない身体に出てくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびます。

 更年期の症状は個人差が大きく、症状が強く出る人もあれば、ほとんど出ない人もいます。そのなかで、日常生活に支障をきたすほど強い症状が出る場合を「更年期障害」と言います。月経異常、自律神経失調症状、精神神経症状など様々な症状がみられます。

 更年期の症状にはさまざまなものがあるため、それぞれに応じた治療法を選ばなければなりません。なかでも多く使われるのはホルモン補充療法。足りなくなったホルモンを補うことで、症状を改善させる方法です。

治療法は、自分に適したものを選ぶことができますが、乳がん、子宮体がんにかかっていたり、薬でアレルギー症状が出たりなどホルモン補充療法を受けられない場合もあります。漢方薬は、副作用が少なく長期間服用できるため、安心して使うことのできる薬。おもに血液の循環不全を改善する効果が期待できます。

 更年期障害というと、女性にとっては怖い病気のイメージがあるかもしれませんが、女性の平均寿命が85歳、特に80歳以上の女性は男性の2倍以上という現代では、今や女性の更年期は「終わりの時期」ではなく、節目の時期といえるのではないでしょうか。これからの人生をよりよく生きるために必要な充電期間ととらえたほうが、よいかもしれません。

 主治医とよく話し合あって、治療法を選ぶことが大切です。

保険をご検討中のお客様はこちら
ご契約中のお客様
  1. 「支払時情報交換制度」導入に伴うお客様情報の相互照会について
  2. 個人情報の取扱について
  3. 勧誘方針
  4. 反社会的勢力に対する基本方針
  5. 金融ADR制度について