年代別女性のかかりやすい病気

卵巣のう腫

 卵巣は、子宮の両側に1つずつあり、成人した女性ではクルミほどの大きさです。腫瘍にも良性と悪性があります。卵巣の場合は、悪性腫瘍が卵巣がんを指しますが、実際には卵巣にできる腫瘍の9割以上が良性腫瘍です。そして、良性腫瘍の中で一番多いのが、卵巣のう腫です。


 卵巣は、沈黙の臓器ともいわれるくらい、のう腫ができてもほとんど症状がありません。にぎりこぶし大になれば、専手で触れてその存在をわかるといいますが、この段階でもまだ自覚症状はほとんどないのが一般的です。そのため、検診や別の病気の検査で偶然卵巣のう腫が見つかるケースのほうが多いのです。卵巣のう腫がこぶし大より大きくなってくると、下腹部が膨らんできたり、違和感を感じることがあります。さらに大きくなると、突然下腹部の激しい痛みが起こり、ショック状態に陥ったり、嘔吐を起こすことがあります。これは、卵巣が茎捻転を起こした時に起こる症状で、大きくなった卵巣がなにかの弾みに根元からねじれた状態で、ねじれた部位から血行が途絶え、卵巣の細胞が壊死してしまうこともあるので、この場合は手術が必要です。

 基本的には小さなのう腫(2~3cm)であれば、まず定期的な検査で経過を観察しますが、4~5cmになると、手術を考慮することが多いようです。この場合も、以前は開腹手術が中心で、おなかを切って卵巣を手術していましたが、現在は内視鏡で卵巣を摘出したり、のう腫の部分だけをくり抜くことも可能になっています。

 卵巣のう腫は妊娠時の検査で発見されることもあるので、いつ手術をするかも問題になります。いつどのような手術をするか、卵巣を摘出するか残すかという問題も含めて、納得できるまで主治医と話し合うことが大切です。

保険をご検討中のお客様はこちら
ご契約中のお客様
  1. 「支払時情報交換制度」導入に伴うお客様情報の相互照会について
  2. 個人情報の取扱について
  3. 勧誘方針
  4. 反社会的勢力に対する基本方針
  5. 金融ADR制度について