年代別女性のかかりやすい病気

子宮筋腫

 子宮筋腫とは、子宮の筋肉の層に発生する良性の腫瘍のことをいい、成人女性の4人に1人は持っていると言われています。無症状の場合、本人が自覚せずに一生知らずに過ごしてしまうこともありますが、不妊や流産の原因になる事もあります。また、月経困難や生理時の出血過剰による貧血症状などが主な症状です。

 子宮筋腫の主な症状は、過多月経、過長月経、不正性器出血、貧血が続く、下腹痛がある、下腹部に不快感がある、妊娠したようにお腹が膨れる、腰痛、月経痛、流産、不妊などがみられるようです。

 手術する場合は、大きさや部位にもよりますが、子宮を温存する方法と摘出する方法、開腹する方法としない方法などがあります。よく主治医と相談して、治療方法や手術の方法を相談しましょう。

保険をご検討中のお客様はこちら
ご契約中のお客様
  1. 「支払時情報交換制度」導入に伴うお客様情報の相互照会について
  2. 個人情報の取扱について
  3. 勧誘方針
  4. 反社会的勢力に対する基本方針
  5. 金融ADR制度について