年代別女性のかかりやすい病気

子宮体がん

 子宮体がんとは、月経が起きたり、赤ちゃんができたりする子宮体部の粘膜(子宮内膜)に発生する悪性の腫瘍のことです。子宮体がんは子宮がんの20%〜25%を占めています。未婚や不妊の方、閉経後の方、初妊年齢の高い方、30歳以後の月経不順の方、エストロゲンホルモンの服用歴がある方などで、未産婦に多くみられるという傾向があります。

 主な症状は、不正性器出血です。閉経の後、急に出血があった場合は要注意であり、産婦人科で子宮体がん検査を受けることが大切です。

 治療は、子宮全摘出により子宮全体を取り除き、子宮の両側にある卵巣・卵管の切除も行います。リンパ節の切除も一般的には施行されます。

保険をご検討中のお客様はこちら
ご契約中のお客様
  1. 「支払時情報交換制度」導入に伴うお客様情報の相互照会について
  2. 個人情報の取扱について
  3. 勧誘方針
  4. 反社会的勢力に対する基本方針
  5. 金融ADR制度について