年代別女性のかかりやすい病気

子宮頸がん

 子宮頸がんとは子宮頚部(子宮の入り口)に発生するがんのことです。最近は原因にウィルス(HPV ヒトパピローマ)が関与しているといわれています。子宮頸がんになりやすいタイプは性交開始年齢が早い人、性交渉のパートナーが多い人、多産の人などです。

 子宮頸がんは定期的な検診でほぼ予防でき、完治可能ながんといわれています。初期の子宮頸がんはほとんど自覚症状ありません。ですから、症状が出る前に子宮がん検診を受けることが大切です。進行していくと不正出血や異常なおりものがふえてきます。これらの症状がでた時は、産婦人科で健診を受けることが大切です。

 市区町村が行っている満30歳以上の女性を対象とした子宮頸がん検診や、職場の健康診断などで健診を受けることをおすすめします。また、子宮がんの若年化傾向も認めるため、20代の女性の子宮がん検診も大切です。

 女性のがん検診推進事業で、各市町村から女性のためのがん検診手帳と乳がん・子宮頸がん検診無料クーポン券の配布が始まっているところもあります。

保険をご検討中のお客様はこちら
ご契約中のお客様
  1. 「支払時情報交換制度」導入に伴うお客様情報の相互照会について
  2. 個人情報の取扱について
  3. 勧誘方針
  4. 反社会的勢力に対する基本方針
  5. 金融ADR制度について