葬儀費用を準備する保険の賢い選び方

フローラル共済・なでしこくらぶ・フューネラルサポート絆・家族の絆

そろそろ私たちもお葬式のことは考えないといけないね・・・

◆ 60歳になったら葬儀費用の準備について考えてみませんか ◆

①年間120万人を超える方※1が亡くなられ、同程度の数※2の葬儀が行われています。

②2013年の日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳と年々延びていますが、男女ともに約6割の方※3は寿命までに亡くなっています。

◆ 葬儀は思ったより費用がかかります ◆

万が一の時に必要な費用について

◆ 他にもいろいろお金がかかります ◆

◆ 葬儀代金の目安(葬儀社への支払) ◆

※上記葬儀代金はあくまで目安で、地域・宗派・ご葬儀のグレード・会葬者数によって異なりますので、事前に葬儀内容を決めて複数の葬儀社で見積を取っておくことをお勧めいたします。

◆ あなたなら、この葬儀費用等をどのように準備しますか? ◆

通常、葬儀代金は施行後1週間程度で精算しなくてはいけませんが、以下の通り準備されることが多いようです。

◆忘れがちですが !! 
どんなに口座に貯金があってもご本人の口座は、死亡後直ぐに凍結されるため、遺産分割協議が終わるまでは使えません!

◆親族の預貯金とか葬儀費用をローンで組んでお子様に払わせるのは忍びないですよね!

◆ フローラル共済の葬儀保険で準備してはいかがですか? ◆

保険金なら受取人固有の財産ですから、受取人(喪主)が請求すると、直ぐに※7お金を受取ることが出来ます。また、年を重ねる程、もしもの時は近く、必ず訪れる※8のであれば保険で葬儀費用を準備すれば便利ですよね !!

◆ フローラル共済の葬儀保険のメリットは!!◆

◆ ご契約前に下記もしっかり理解の上ご契約お願いいたします ◆

※詳細は必ず保険約款もしくは重要事項説明書をご覧ください。

◆ この保険のお客様にとって主なデメリット ◆

◆ 葬儀保険フューネラルサポート絆と家族の絆の特徴と違い ◆

フューネラルサポート絆の場合

フローラル共済ならお手軽な入院保障付死亡保険もありますよ!

家族の絆の場合

ご理解いただけましたでしょうか?

◆ フローラル共済葬儀保険ご加入者の傾向 ◆

ここまでで、フローラル共済の葬儀保険を充分に理解された方は、下記よりお申込みいただくか資料請求をお願いします。

フローラル共済ならお手軽な入院保障付死亡保険もありますよ!

※ご高齢になると入院の心配も増えてきます。フローラル共済なら入院保障に死亡保障がセットされた保険もあります。是非この機会に併せてご検討ください。

保障金額下がるけど、大丈夫?

⇒ 健康保険の「高額療養費制度」ってご存知ですか?!

医療機関や薬局の窓口で支払った金額が、暦月(毎月1日から末日まで)で一定金額を超えた場合に、その超えた金額が健康保険から支給される制度です。

※ 入院時の食事負担や差額ベッド代等は含みません。

例)100万円の医療費について、患者負担分(3割)が30万円かかる場合

従って、健康保険が適用されない特殊な医療を望まない限り、差額ベッド代等の負担を除けば、医療費のみで数十万円もかかることはありません。
尚、自己負担額となる毎月の負担の上限は、年齢や所得水準によって、以下のようになっています。

例)100万円の医療費について、患者負担分(3割)が30万円かかる場合

例)100万円の医療費について、患者負担分(3割)が30万円かかる場合

加齢とともに入院率は増加します。
年金生活でも無理の無い保険料で、医療保障を確保しましょう。

年齢を増すごとに入院率は上昇します。
高齢になっても最低限の入院保障だけは確保したいものです。
保障金額を確保するばかりに、保険料負担額が高額となり、途中で継続できなくなってしまっては、意味がありません。
年金生活となっても、無理なく継続していただくことが大切です。
「フローラル共済」「なでしこくらぶ」は年齢が増しても入院保障と死亡保障がセットになって維持がし易い保険です。

フローラル共済の保険に入っておいてよかったネ。最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

葬儀はいつも突然やってきます。
だからこそ最後のご準備は元気なうちに、ご自身の葬儀内容を決めて、葬儀費用もしっかり準備して、素晴らしい余生にしましょう。

保険をご検討中のお客様はこちら
ご契約中のお客様
  1. 「支払時情報交換制度」導入に伴うお客様情報の相互照会について
  2. 個人情報の取扱について
  3. 勧誘方針
  4. 反社会的勢力に対する基本方針
  5. 金融ADR制度について